新卒採用にはこんなメリットがあります

企業が毎年新卒採用を行うのにはいくつかの理由があります。一つは将来企業の中核を担う人材を基礎から育成することで、企業の文化を習得させるとともに生え抜きとなる人材育成を目指すことが挙げられます。社会人経験のない人材を企業において教育し企業文化を習得させることで、企業の風土を明確に引き継ぐことにも繋がります。最近では即戦力を求める風潮もあり社会人経験のある人材を積極的に雇用する企業も増えています。しかしこれらの人材に企業風土を習得させることはなかなか難しく、また安定して企業に勤務し続けることを期待するのも難しいため、社会人経験のない人材を積極的に雇用する事が必要となります。また、高齢化社会を迎え企業の年令構成が高齢化する中で継続的に企業を担う人材を確保する必要があります。その観点からも、社会人経験のない人材を確保することは非常に重要です。

企業風土を継承させる人材を育成させることが大切です

企業は独自の風土を持っており、その風土を生かして自社の強みを生み出しています。その為、継続的にその風土を継承する人材を確保する事が重要です。しかし社会人経験をしている人材に企業風土を浸透させるのはなかなか難しいものです。その理由は多くの企業での勤務経験を持っているとその経験から入社以前に特定の企業文化に染まってしまっている可能性があります。この場合には企業文化を比較してしまう為十分に企業の風土を継承する事ができません。企業の風土や文化は目に見えない物であり、また良し悪しだけで決まる物でもありません。その為、他社の文化や風土を知らない新卒を採用することでしっかりと企業風土や文化を習得させることができ、将来の幹部候補として育成する事が可能となるのです。

社会貢献の一端としての雇用確保に繋がります

現代の日本の企業がおかれる状況は決して楽観できる物ではありません。国内のみならず海外の企業との非常に熾烈な競争にさらされており、常に即戦力の人材を必要としています。その上で様々な課題を迅速に解決しなければならない必要もあり、人材に関しても即戦力を必要とする状態にあります。しかしその一方で企業の目的の一つである社会貢献も果たしていかなければいけない側面があります。新卒採用は其の社会貢献の要素も含まれており、継続的な雇用を確保することで就職事情を改善する意味合いも含まれています。即戦力とはならない新卒を敢えて採用することで社会貢献の意義を果たすと同時に対外的は好感度を高める意味もあります。又、継続的に雇用をおこなうことで社内の年令格差が無くなり、継続的に承継が行われるというメリットもあります。