新卒の採用にはこんなポイントがある

人生におけるメインイベントの一つといえば就職でしょう。就職活動は重要です。人によっては、定年を迎える年齢までの何十年間を過ごす場所を選ぶということにもなります。そう考えると、必要な情報はしっかりと調べておきたいところです。しかし調べれば調べるほど、情報の整理がつかなくなり、悩んでしまうという人も多いでしょう。確かに就職活動においてやることはたくさんあります。例えば自分を分析するために、自問自答して答えを探したりすること、また、業界や企業の研究をしたりすることなどです。これら2つは就職活動を行う上で、必須とも言える事柄でしょう。就職活動は自分と企業との間で行われる活動です。そのため自分だけではなく、企業についても知らなくてはなりません。それでは何を知れば良いのでしょうか。

定年になると退職する人がいるということは

企業が新卒の人に求めることは何なのかは、企業で働いたことがない人から考えれば、つかみにくいことかもしれません。コツとしては例えば自分が担当者であれば、どのような人材を獲得したいかを考えてみると良いでしょう。すると企業内のイメージが湧いてきます。企業内では多くの人が働いています。学校生活と大きく違うポイントの一つが、年齢層の違いです。20歳くらいから60歳くらいまでの人が同じ職場で働いています。そして高齢化が進んでいることを考えると、しばらくすれば経験のある人たちが一斉に退職してしまうことが予想できます。では改めて、採用時に企業が求めていることは何なのでしょうか。それは将来のリーダーとなる人材の獲得です。技術やノウハウを教えるのには時間がかかるので、積極的にスキルを得ようとする人材が求められています。

若い人材が入社すると企業内はどうなるか

高齢化が進んでその人たちが退職すると、会社にスキルを持った人がいなくなり、企業は困ってしまうということはわかりました。では、それ以外に新卒の人を採用する目的はないのでしょうか。もう一度、担当者の気持ちになってみてください。そして若い人材が入社すると、会社内の雰囲気はどうなるでしょうか。若い人の方が体力などはあるため、企業内が活性化しやすいでしょう。また育ってきた環境の違いなどから、時に斬新なアイディアや企画を期待できます。それが企業にとって、プラスになる場合もあります。会社には人が必要です。人がいなければ、会社は機能しません。そのため企業は新卒の採用活動を行います。そして自社にマッチングする人材を探します。つまり採用することは、会社を長く続けていくために必要なことと言えます。